World Drone Prix in Dubai 日本選考イベント開催

dubaidrone

World Drone Prix in Dubai 日本選考イベントが開催されます。賞金何と一億!!!優勝する自信のあるかた僕を技術者に向かい入れてください。

以下紹介文

3月11日にドバイで開催される、優勝賞金約1億円の世界最大級のドローンレース World Drone Prix in Dubai(http://www.worlddroneprix.com)の日本での選考イベントを、2月14日に慶応大学湘南藤沢キャンパスにて開催する準備をしています。我はという方は是非ご参加ください!
以下、現状の概要です。

日本でのイベント概要

日時:2月14日(雨天の場合、翌15日を想定)
場所:慶応大学湘南藤沢キャンパスグラウンド
参加締切:1月31日(予定)- 飛行申請などのため

選考の方法

当初予定していた予選会ではなく、①決められたコース設定で操縦しているFPV動画、②これまでの実績、③ピットストップなどのチームワーク、の要素を基に、世界中から32チームが公式招待されます。

チームについて

1チーム最低4名で編成(パイロット、ナビゲーター、技術者、ピットクルー、チームリーダー)。サブのパイロット1名までの登録はOK。各チームは本戦までに必ずスポンサーを付ける。

コースレギュレーション

・トータルで1km以上の距離を有すること。周回を予定。
・左右どちらかの直角ターンを4つ以上含むこと。
・180度ヘアピンが1つ以上すること。
・3m以下のゲートを1つ以上設置すること。
・10mの急降下セクションを設置すること。
・直径1.5mのピットストップセクションを設けること。
・コースでは1台ずつ飛行すること。

選考の判断基準

・スムーズな機体操作
・スピード
・操縦能力
・ピット作業
・ターン角度と、ターン精度

機体レギュレーション

・高画質カメラを搭載し、1080 60pの映像を記録できること。なお、記録映像にプロペラが入らない角度で調整すること。
機体後部に最低10cm以上のLEDバーを設ける。また、日中でも十分確認できる明るさであること。(3Wが目安)

バッテリーレギュレーション

XT60のコネクタを採用していること。
・最大容量2200mAh、最大放電係数75C以下であること。セル数の規定はしない。
バッテリーがフレーム、もしくはボディで保護されていること。

注意事項

会場となるエリアはDID地域ではありませんが、FPVゴーグルを使用する場合には目視外飛行の申請が必要であり、各自書類を用意していただきます。参加希望者へは雛形をお渡ししますので、それを基に申請いただきます。また、本戦では5.8GHzの電波帯を使いますが、日本での無線免許の取り扱いなどの制限から、今回の日本でのイベントでは目視や2.4GHzのものも使用可能かを現在確認中です。
目視外飛行申請雛形
日本から本戦への出場チームを排出するべく、各参加チームからの運営のお手伝いも是非お願いします。

問合せ先
Aerial Grand Prix Japan WDP事務局
担当:井上 090-1771-5197