ドローンで使用する無線免許の操作範囲。周波数、出力など

先にお断りしております。
wikiと総務省、JARLの丸パクリです。

アマチュア無線の操作範囲

周波数帯
略記
周波数範囲
最大空中線電力(W)
第4級
第3級
第2級
第1級

135kHz帯

136K

135.7~137.8kHz1050200200
475kHz帯475K472~479kHz10200

1.9MHz帯

1.9M

1810~1825kHz
1000
1907.5~1912.5kHz
10

3.5MHz帯

3.5M

3500~3575kHz
3599~3612kHz
3680~3687kHz
10

3.8MHz帯

3.8M

3702~3716kHz
3745~3770kHz
3791~3805kHz

7MHz帯

7M

7000~7200kHz

10MHz帯

10M

10100~10150kHz

14MHz帯

14M

14000~14350kHz

18MHz帯

18M

18068~18168kHz
50

21MHz帯

21M

21000~21450kHz
10

24MHz帯

24M

24890~24990kHz

28MHz帯

28M

28~29.7MHz

50MHz帯

50M

50~54MHz
20
500 *1

144MHz帯

144M

144~146MHz
50 *2
50 *3

430MHz帯

430M

430~440MHz

1200MHz帯

1200M

1260~1300MHz
10 *4
10 *5
10 *2
10 *3

2400MHz帯

2400M

2400~2450MHz
2 *4
2 *5
2 *6
2 *6

5600MHz帯

5600M

5650~5850MHz
2
2
2
2

10.1GHz帯

10.1G

10~10.25GHz

10.4GHz帯

10.4G

10.45~10.5GHz

24GHz帯

24G

24~24.05GHz

47GHz帯

47G

47~47.2GHz
0.2
0.2
0.2
0.2

77GHz帯

77G

77.5~78GHz

134GHz帯

135G

134~136GHz

248GHz帯

248G

248~250GHz

4630kHz

4630K

4630kHz  *7502001000

(*1) 50~51.5MHzまでの周波数で外国のアマチュア無線局と通信をおこなう場合は1kW
(*2) 月面反射通信をおこなう場合は200W
(*3) 月面反射通信をおこなう場合は500W
(*4) 月面反射通信をおこなう場合は20W
(*5) 月面反射通信をおこなう場合は50W
(*6) 月面反射通信をおこなう場合は100W
(*7) 非常通信専用周波数
※ 136.75kHz及び475.5kHzの周波数を使用する無線設備の等価等方輻射電力は1W以下であること

陸上特殊無線技士の操作範囲

種別操作範囲
一陸特1. 陸上の無線局の空中線電力500W以下の多重無線設備(多重通信を行うことができる無線設備でテレビジョンとして使用するものを含む。)で30MHz以上の周波数の電波を使用するものの技術操作

2. 前号に掲げる操作以外の操作で二陸特の操作の範囲に属するもの

二陸特1. 次に掲げる無線設備の外部の転換装置で電波の質に影響を及ぼさないものの技術操作

イ 陸上の無線局の空中線電力10W以下の無線設備(多重無線設備を除く。)で1606.5kHzから4000kHzの周波数の電波を使用するもの
ロ 陸上の無線局のレーダーでイに掲げるもの以外のもの
ハ 陸上の無線局で人工衛星局の中継により無線通信を行うものの空中線電力50W以下の多重無線設備

2. 三陸特の操作の範囲に属する操作

三陸特陸上の無線局の無線設備(レーダー及び人工衛星局の中継により無線通信を行う無線局の多重無線設備を除く。)で次に掲げるものの外部の転換装置で電波の質に影響を及ぼさないものの技術操作

1. 空中線電力50W以下の無線設備で25010kHzから960MHzまでの周波数の電波を使用するもの

2. 空中線電力100W以下の無線設備で1250MHz以上の周波数の電波を使用するもの

国内電信陸上に開設する無線局(海岸局海岸地球局航空局及び航空地球局を除く。)の無線電信の国内通信のための通信操作

陸上無線通信士の操作範囲

種別操作範囲
一陸技
無線設備の技術操作(アマチュア無線局の操作を除く。)
第四級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する操作
二陸技
次に掲げる無線設備の技術操作(アマチュア無線局の操作を除く。)

  1. 空中線電力2kW以下の無線設備(テレビジョン放送局の無線設備を除く。)
  2. テレビジョン放送局の空中線電力500W以下の無線設備
  3. レーダーで1.に掲げるもの以外のもの
  4. 1.及び3.以外の無線航行局の無線設備で960MHz以上の周波数の電波を使用するもの
第四級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する操作

総合無線通信士

長いのでリンク

簡単にまとめます。
・技適のないものをそのまま使用するのはほぼ犯罪。
・技適のない場合
一般の人はアマチュア無線。
プロは陸特以上が必要。
そして更に申請が必要。
業務使用予定のない場合、アマチュア無線最強。