販売用モデル製作中その5(試行錯誤)

マルチコプター緩み止め

販売用モデル製作中その4(試行錯誤)

さて試行錯誤してます。
前回で安定性、バッテリーの持続性は確認できました。
しかし、何回もテストするうえで問題点がありましたので少し手を加えます。

1、コネクターの問題
今迄ウルトラプラグを使用していましたが問題がありました。
1-1、スパーク
高電圧仕様ならではの問題です。接続するたびにバチッと言いますバチッと。
3S(11.1V)の時はあまり気になりませんでしたが6S(22.2V)になるとスパークしないように素早くつけないと放電(火花)で接続部分が溶けます。成功率30%くらい(笑)なのでこれは問題です。
どうしたものか探していると放電を防ぐコネクターがありましたので採用します。
XT90-S アンチスパークコネクター
[画像後日]
1-2、半田の剥がれ
基本的にウルトラプラグは平面にはんだをのせて付けるだけなので簡単ですが振動ではがれてしまう恐れがあります。XT90-S アンチスパークコネクターは丸く囲むようにプラグが出ているのでこれも解決できそうです。

2、ねじの緩み
tarotのフレームは折り畳みができるので可動部分があります。何度も動かすと緩んでくるので可動部分だけねじロックを使いました。

ねじゆるみ防止