ドローン(マルチコプターなど)の操縦に必要な資格は第三級陸上特殊無線技士

license

2015/5/20現在

ドローン(マルチコプターなど)の操縦に必要な資格は第三級陸上特殊無線技士以上になるようです。
以上というのはそれ以上の資格もあるということです。

ではどのような資格がありどのように取得するのでしょうか?wikipediaで調べました。

まず、必要になる最上位資格は陸上無線技術士の様です。

陸上無線技術士の取得要件

資格要件
一陸技第一級総合無線通信士または二陸技を有し、これによりアマチュア局を除く無線局の無線設備の操作に7年以上従事した経歴。
二陸技第二級総合無線通信士を有し、これによりアマチュア局を除く無線局の無線設備の操作に7年以上従事した経歴。

おや、最低でも第二級総合無線通信士という免許がないと取得できないようです。
では総合無線通信士の取得要件は?

総合無線通信士の取得要件

資格要件
一総通二総通を有し、それにより海岸局又は船舶局の無線設備の国際通信のための操作に7年以上従事した者
二総通三総通を有し、それにより船舶局の無線設備の国際通信のための操作に7年以上従事した者
上記の右欄の資格と業務経歴を有する者は、認定講習を修了することにより左欄の資格が与えられる。
下記の右欄の資格と業務経歴を有する者は、総務省告示[6]に基づき申請により左欄の資格が与えられる。
一総通二総通及び第一級陸上無線技術士を有し、二総通により船舶局の無線設備の国際通信のためのモールス符号による通信操作に5年以上従事した者

 

僕には真ん中らへんのところが理解できません(笑)
書いてある資格があれば、講習とか、申請で免許がポンともらえるということでしょうか?
この他、三総通があるのですが、要件に記載がありません。やっとここから取得ができるようです。

陸上特殊無線技士は必要ないようです。

では陸上特殊無線技士は?

陸上特殊無線技士の取得要件
第一級海上無線通信士、第二級海上無線通信士、航空無線通信士は、総務省告示[10]に基づき二陸特を6ヶ月以上の業務経歴(アマチュア業務を除く。)により取得できる。

とありました、僕の日本語力の力では理解に苦しみます。これは、陸上特殊無線技士の取得条件というより、それの関係する免許ってことでしょうか?

免許のすごい順
陸上特殊無線技士<総合無線通信士<陸上無線技術士

となるようです。
しかし、陸上特殊無線技士を取得しても、上位免許が取れるようになりません。
とりあえず第三級陸上特殊無線技士を取得するのもアリです。
でも、将来的に上位資格が必要であれば、初めから三総通を受けるのもいいかもしれません。

取得は日本無線協会から

Vlog is a carefully crafted WordPress theme with a focus on your video content. It will suit the needs of any personal video blog, all the way to complex magazine websites. Whether you need a website for video blogging, video tutorials and lessons or any sort of viral video sharing, Vlog is the perfect choice. YouTube, Vimeo, Dailymotion and other common video content never looked better!