200g以下(未満)のドローンを自作その2

前回、200g以下のドローンを自作その1にチャレンジしましたが、あえなくアウト!少し超えてしまいました。
でもこれくらいならばれないような…なんてここで書いちゃダメですね。
しかし、どうやって取り締まるのでしょうか。
例えばその辺で飛ばしていたら警察がハカリ持ってやってきて、

警察「あーこれ205.81gあるねー。逮捕。」

とでもいうのでしょうか?

なんてこと言っててもしょうがないですね。
200g未満!200g未満を作りたいんだ!

前回ざっくり計算で超えましたが詳細考えてみましょう。
前回のはコネクターやケーブル類を計算していません。しかし、バッテリーやモーター、ESCのケーブルも余分な長さもありますから相殺できるものと考えましょう。

あ!プロペラ忘れてました!

かなり軽量化する必要がありそうです。
すべて見直してみましょう。

フレームとバッテリー、受信機は今のところ、これ以上考えられなかったので、このままとします。
現在86g

次に
ESCですが軽いのありました。なんと8g。前回は13gでしたので4つで20gも軽くなりました。いい感じです。
21247

いいですね!かなり軽くなりますよ。
次にモーターですがプラスチックのものがありました。12.8g!前回は13gでしたが少しの差が後できいてきます!
69295

あとはフライトコントローラーです。MultiWii nanoで軽いのがありました。5.1g。0.6gの軽量化に成功!さすがMultiWii!

22322(1)

 

さてすべて出そろいました。
注目の総重量は…

 

192.41g!

 

きましたーーーーー!!!

200g切りましたよ!自作可能です!

自作可能です!

自作可能です!

仕入れ先など考える必要がありますが可能なことがわかりました!

<a href=”//otonaradicon.com/ec/products/list?category_id=7″ target=”_blank”>200g未満の自作ドローンキットはこちらでお買い求めいただけます。</a>