ドローン(マルチコプター)のプロペラーやフレームの材質

クアッドコプターフルカーボンフレームTAROT TL65B01

ドローン(マルチコプター)のプロペラーやフレームの材質には、様々なものがあります。
代表的なものは

プラスチック(ナイロン、ABS、ポリカーボネートなど)、カーボン入りプラスチック(CRP)、ドライ・ウェットカーボンファイバー。

です。

プラスチックは柔らかくて欠けにくい。安い。
カーボン入りプラスチック(CRP)は硬くて欠けやすい。カーボンなしよりは高い。
カーボンファイバーは硬くて更に欠けにくい。高い。

見た目はプラスチックは色々なカラーがありますが、カーボン入りプラスチックは黒のみです。
カーボンファイバーは黒で、網目が見えます。
ドライカーボンとウェットカーボンの見分け方はドライカーボンは光沢がない、ウェットカーボンは光沢がある。
中でもドライカーボンファイバーのものは軽量なのに鉄並みの強度があるので、高級品です。