MultiWii FAILSAFE

FALESAFE

FAILSAFEとは電波障害などで操作不能となったときに自動で発動させる機能です。

受信機からMultiWiiに入るch1~ch4の信号のパルス幅を見張っていて一定の基準を満たすと発動します。

外で飛ばすときは必ず最初にテストします。

FAILSAFEの設定は義務です。

MultiWiiの場合(ソフトウェアのバージョンは2.3です)

FAILSAFE

①#define FAILSAFE

をアンコメント(//を取る)

②あとは機体に合わせた設定を。

#define FAILSAFE_DELAY 10 // フェイルセイフが発動するまでの時間です。10は0.1秒です。

#define FAILSAFE_OFF_DELAY 200 // フェイルセイフ発動からモーターストップするまでの時間です。200は20秒です。着地してから止まるとは限らないので注意しましょう。長めに設定したほうがいいかもしれません。

#define FAILSAFE_THROTTLE (MINTHROTTLE + 200) // フェイルセイフ時MINTHROTTLE  に設定してある値+200で降下してきます。あまり高い値にすると飛んでいきます(笑)

#define FAILSAFE_DETECT_TRESHOLD 985//なんじゃこりゃ!?教えて!

ch1~ch4の信号のパルス幅を見張っていて、1チャンネルでも985μsec以下になるか、パルスが来なくなると、フェールセーフ処理を開始します。

MultiWii基本設定へ