ドローン(マルチコプター)の作り方。自作してみよう!その1準備編

更新中!

マルチコプターの自作にはある程度知識が必要になります。

逆に言いますと知識さえあれば大した技術は必要ありません。

マルチコプターの初心者の方が初めてでも作れるようにまとめます。

1、必要なものを考える

最低限必要なもの

・マルチコプター用フライトコントローラー

・マルチコプターフレームキット

・リポバッテリー

・プロポセット(送受信機)

・ESC(航空機ラジコン用)

・ブラシレスアウターローターモーター

・プロペラ(正回転、逆回転)

オプション

・プロペラガード(安全のため)

・電圧低下アラーム(急な墜落防止のため)

・カメラ用ブラシレスジンバル

・ランディングキット

・FPV

などなど

2、フライトコントローラーを決める

MultiWii

DJI NAZA-M

DJI WooKong-M

NAZE32 Acro

KK

Ardupilot

など

3、フレームキットを決める

・Tarot⇒安い割に質がいい。趣味レベルでは最高級品ではないかと。TL18T00

・Turnigy⇒安い。taronシリーズ

・DJI⇒業務用高級品。S800、S1000など

4、載せるもの、機体本体の重さの重量からモーター、ESC、プロペラを考える。

電圧、電流、推力、回転数など様々要素から決めなければなりません。以前紹介しましたがecalcというサイトが便利です。

モーター⇒基本的にはブラシレスアウトランナーモーターを使います。

ESC⇒対応電圧と電流に注意しましょう。BECとは受信機など用の5V電源がついているか、ついていないかです。

プロペラ⇒クアッドなら正転用、逆転用、2枚ずつ必要です。

5、バッテリーを決める。

Li-poバッテリーにはmAhとCという性能を判断するうえで重要な単位が記載されています。

・mAh⇒詳しい話はまたの機会にしますが、一時間で何アンペア出せるかです。

例:5000mAh⇒5Aを一時間出し続けれる容量を持っています。(厳密にいうとそうでないので余裕を持ちましょう)

・C⇒言葉での説明が面倒なので計算式を書きます。

例:35Cで5000mAh⇒35×5=175A 平均175Aを出すことができます。それを超えると発火、液漏れの可能性がありますので注意しましょう。

バッテリーによっては35C-70Cなどと書いてある場合があります。この場合70Cはバースト値です。一瞬でもそれを超えるとまずいので注意しましょう。

6、充電器を決める。

バッテリーが決まれば充電器も決められます。

今後機体を変えてもずっとお世話になるので、予算の許す限り高機能なものをお勧めします。

こちらの商品が安い割に高機能でお勧めです。

iMAX B6AC

7、プロポセット(送受信機)を決める。

前後・左右傾き、回転、上下で4CH必要となります。しかし、やってみるとわかるのですがマルチコプターには色々な機能を搭載できます。(GOHOME、気圧センサーON・OFF、HEADFREE・HEADADJ etc)というわけで絶対8CH以上は欲しくなります。

8CHでおすすめはFUTABA 10J

FUTABAの10Jマルチコプターモードがあり便利です。

お金に余裕があるなら、これを買っておけば後悔しません!



高い!高いですが14CHに対応していて、絶対あとで欲しくなります。

さてさて、部品の選別は決まりましたか?

次回は組み立て編です。