ESCのファームウェアBLHeli_Sのアップデート&設定

ESCの最新ファームウェア「BLHeli_S」にさっそくアップデートがきてるので書き換えてみます。

BLHeli_Sではなんと双方向回転と双方向回転の逆回転に対応しています。

USB Linkerか、CleanFlightを使用してアップデートします。

1、BLHeliSuiteのダウンロード

BLHeliSuiteとはESCのファームウェアと設定を書き換えるソフトウェアです。

Windowsのみで動作します。こちらからダウンロード。

ss 2016-06-28 14.17.08

2、BLHeliSuiteと機器を使って書き換える。

下記画像のUSB LinkerとはUSBに接続し、それにESCの信号線とマイナスを直接接続して書き換えるタイプの機器です。

Cleanflightとはフライトコントローラのソフトウェアですが、Cleanflightがインストールされているフライトコントローラ経由で書き換える機器です。

どちらかを選択。

 

blheliselect1

3、ESCの設定を読み込む

ESCの現在の設定を読み込みます。

ここでESCに電源を接続していないと失敗しました。

Checkを押すと設定を読み込み下記画像のようにBLHeli_S用のGUIに切り替わります。

how-to-flash-blheli_s

4、ESCをアップデート

上記画像のFlash BLHeliを押すと下記画像のように色々確認されるので

イエース!イエース!とアップデートしていきましょう。flash1

これでアップデートは完了です。

BLHeli_S対応のESCはこちら

0617173613_5763b67d81302