ドローンの規制と法律、改正航空法2015年12月10日

12月5日更新

2015年12月10日に決定したドローンの規制、申請が必要な場合、改正航空法まとめ。

規制内容 ※参考までにお願いいたします。間違った情報による責任は負いかねます。

・人の多い地域は自分の敷地内でもNG

・日中、目視できる範囲で飛ばす。

・危ないことをしない。

・国土交通大臣の許可が下りればOK

・室内は規制適用外

200g(?)未満のドローンはご自由に。

以下詳細と感想

1、ドローンの飛行の許可が必要となる空域について

空港周辺の空域、一定高度以上の空域、及び人又は家屋の密集している地域で飛ばす場合には国土交通大臣の許可を受ける必要がある。

超小型ドローン(200g未満)は除く(200g未満のドローンの定義とは

密集している地域はこちらで調べられます。

https://jstatmap.e-stat.go.jp/gis/nstac/

 

2ドローンの飛行の方法

(1) 日中に飛行させること

(2) 目視範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること

(3) 人又は建物、自動車などの物件との間に距離を保って飛行させること

(4) 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと

(5) 爆発物など危険物を輸送しないこと

(6) 無人航空機から物を投下しないこと

上記のルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、国土交通大臣の承認を受ける必要があります。

なお、(3)の距離、(5)の危険物についての詳細は、近く、国土交通省令で定めることとなります。

国土交通省HPより

感想

超軽量な機体200g未満が自作したいですね。

というわけでできないか考えてみます。

考えてみました!