レース用ドローンのフレームは結局どれがいいの?

レース用ドローンのフレームは色々な種類出ています。

色々で過ぎて結局何がいいのか。

レビューは出ていますが使った感じで説明しても本質が見えません。

物理的に考えていきましょう。

まず初めに写真を多用しわかりやすく書きたかったのですが、マイドローンお亡くなりになったので、文字ばかりになります。

気が向いて心の傷が消えたら、写真を撮ってわかりやすく書きたいと思います。

1、フレームの比較

運動性能を大きく分ける要素には

・フレームの形

・バッテリーの位置

があります。

まずはフレームの形について。

フレームの形は大きく分けて

①Xフレーム

②HXフレーム

に分かれます。

フレームの呼び方をEMAXフレームにならってXフレームとHXフレームと呼ぶことにします。

Xフレーム HXフレーム
①重量 軽い 重い
②バッテリ位置 フレーム下 フレーム上
③組立やすさ 難しい 簡単
④空気抵抗 低い 高い
⑤機敏さ 遅い 速い

①重量について

形を見ればわかりますがXフレームのほうが明らかにシンプルで軽量です。

軽量というのは飛行するドローンにとても有利になる条件です。

②バッテリー位置について

バッテリーの位置を上下どちらにするかでドローンの運動性能が変わります。

プロペラを境に上下のバランスが取れており、重量が中心に集まっている(マスの集中と呼びます)方が機敏に動けます

バッテリーの位置を上に置くとプロペラの下にあるモーターに対してバランスが取れるので機敏に動くことができます。

逆にバッテリーの位置を下に置くとなめらかな動きになります。

なめらかな動きがいいからバッテリーを下に置きたいと思うかもしれませんが、それはフライトコントローラの設定でやるべきです。PIDの値を下げればなめらかになります。

また、上に積むと初心者はバッテリーを破壊しにくくなります。

逆に、上級はバッテリーを破壊しやすくなります。

上級者はほぼドローンが90°(上を前に向けて)飛ぶためです。

③組み立てやすさについて

Xフレームは各パーツを搭載するスペースが限られており、パーツの配置に悩まされます。

HXフレームは搭載スペースが大きいのでパーツの配置が容易です。

④空気抵抗について

Xフレームはシンプルなので空気抵抗が低いです。

HXフレームはボディ部分(?)が大きいので空気抵抗が大きくなります。

⑤機敏さについて

どちらもバッテリーの位置は上下どちらに配置できるタイプがありますが、Xフレームはバッテリーは下、HXフレームはバッテリーは上という前提にします。

バッテリー位置についてでも述べました通り、HXフレームのほうが機敏に動けることになります

ただし、ドローンレースのトップレーサークラスにおいてはXフレームでもモーターパワーとセンスでゴリ押し感があります。

結局どっちがいいの?

結局現状ではトップレーサークラスになるとパワーとセンスがあれば物理的に機敏か、どうかはほとんど関係ないように思えます(ちょっと悲しいですが)。

物理的に考えるといったくせに申し訳ないのですが、機体の軽さ、空気抵抗と壊れにくさにつきます。

そうすると上級者は軽くて空気抵抗が少なく、上級者にとってバッテリーを破壊しにくいXフレームが良いでしょう。

初心者はパーツを配置しやすく、初心者にとってバッテリーを破壊しにくいHXフレームが良いでしょう。

初心者の中にはどうせなら上級者向けを!って方もいますが、よく考えて!

壊れにくさは練習量にも直結します。まずはいっぱい練習できることが最重要です。いくらでも完成品を作ってもらえるプロや、お金持ちには関係ないですが。

今後フレームはどうなるか?

ドローンレースの需要から言うとまだまだ、複雑で高級なフレームを出すのは難しいのが現状です。

しかし、今後もっと需要が増え車のように大手メーカーが開発をし始めたらフレームは立体的となり、DJI PHANTOMのような形になります。

DJI PHANTOMの中心のボディー部分が涙型となる形が空気抵抗的に理想です。

実はそのようなボディーも何かの動画で見たのですが、きっとフレームだけで10万超えるのではないでしょうか。一般的になるのはもう少し先になります。

もっとドローンレースを流行らせて理想的なフレームが一般的になるようにしなければ!

と長い独り言でした。