DJI Mavic Proが発表されました。

実際に見てないけど触ってないけど勝手にスペック評価。

最後に比較表も作りましたのでご参考までに


api large_189x111-1

まず見た目

large_f5a08de1-a448-4c72-b5a8-0b4310f31930

なんじゃこりゃ?これ飛ぶの?

カメラのカバーはこのままでいけるのかな?

large_751d27e0-784d-4f09-805d-4dfb8ab51aa6

ババーン!これは飛びそう!飛ぶ!折りたたみだったのですね!

かなり持ち運びやすくなりますね。

Phantomシリーズもかなり持ち運びやすく感じましたが、あの大きな亀みたいなバッグはもうダサいのかもしれません。

mono21494935-160218-02

次は裏っかえし

large_b5aaa36f-ec4b-4e4c-88a1-9edc0ca1f501

 

ビジョンポジショニングと超音波センサーが付いてますね。

おっ

large_1e59ffac-133c-4c15-8e79-a4299a156efd

まさか、スマホいらず??

b4f11277-023c-4d11-a346-c87f21eeaf2b

と思って上の画像を見るとステータスが表示されるみたいです。

下にはスマホがついています。

phantom4tab

今までは上につけるタイプだったのですが、これがまたバランス悪くて、操作もしにくい。

下に着いたのはそれの改良だと思われます。

しかし、ちょっと見づらい。

ドローンみたり、スマホみたりするのがちょっとしんどいかも?

ゴーグルもオプションであるみたいですね。

これは?目視外飛行ではないと言い張ればいけそう!!?

creative-4-df29efe4ee27c7ec86f69009c4e92564

Marvic Proはジェスチャーを認識して撮影可能

worryfree-1-f28a9b54a82a5b286fc45fe9ab6791c4

センサーが重複装備されていて安全性の向上

これ重要、ESCも重複してほしい。

動画もごらんください

 large_189x111-1

スペック

機体の性能比較(優れていると思われる方が赤字)

運動性能は機体が大きい分PHANTOM4が上回っているようです。

  PHANTOM4 Mavic Pro
重量 1380 g 734 g (ジンバルカバーを含まない)、743 g (ジンバルカバーを含む)
最大上昇/下降速度 6 m/s (スポーツモード) スポーツモードで5m/秒
4 m/s (スポーツモード) 3m/秒
最大速度 20 m/s(スポーツモード) 無風、スポーツモードで18m/s
航行可能限界高度 6000m 5000 m
最大飛行時間 約28分 27分、ホバリング24分、13 km(無風)
動作環境温度 0℃~40℃
GPSモード GPS / GLONASS
ホバーリング精度 垂直: +/- 0.1 m (ビジョンポジショニングがアクティブの場合) または +/-0.5 m 水平: 上記のことから同等と思われる
+/- 0.3 m(ビジョンポジショニングがアクティブの場合) または +/-1.5 m 上記のことから同等と思われる



ジンバルの性能比較

多分同等です。

  PHANTOM4 Mavic Pro
動作可能範囲 ピッチ -90°~+30°
動作角度 不明 ロール(水平方向):0°または90°
動作軸 3軸(ロール、ピッチ、ヨー)



カメラの性能比較

PHANTOM4はFHDで120p撮れるというのが大きな差です。FHDはやはり一番需要があります。

  PHANTOM4 Mavic Pro
センサー 1/2.3” 有効画素数:12M 1/2.3″(CMOS) 、有効ピクセル数:12.35 メガピクセル(総ピクセル数:12.71メガピクセル)
レンズ FOV(水平画角)94° 20mm(35mm換算)f/2.8 ∞フォーカス 78.8° FOV、28mm(35mm 判換算)f/2.2 ディストーション <1.5% 焦点 0.5m~無限遠
ISOレンジ 100-3200(動画撮影時) 100-1600(静止画)
電子シャッター速度 8s~1/8000s
最大静止画サイズ 4000×3000
写真モード シングルショット
連続撮影:3/5/7枚
オートブラケット(AEB)3/5枚(0.7EVバイアス時ブラケットフレーム )タイムラプス HDR オートブラケット(AEB)3/5枚(0.7EVバイアス時ブラケットフレーム )
  インターバル撮影
ビデオ録画モード UHD:4096×2160 (4K) 24 / 25p C4K: 4096×2160 24p
3840×2160 (4K) 24 / 25 / 30p
2704×1520 (2.7K) 24 / 25 / 30p
FHD: 1920×1080 24 / 25 / 30 / 48 / 50 / 60 / 120p FHD: 1920×1080 24/25/30/48/50/60/96p
HD:1280×720 24 / 25 / 30 / 48 / 50 / 60p HD: 1280×720 24/25/30/48/50/60/120/180p
最大ビットレート 60 Mbps
対応ファイル形式 FAT32 ( ≤ 32 GB ); exFAT ( > 32 GB )
静止画:JPEG, DNG ( RAW ) ・静止画:JPEG, DNG
動画:MP4 / MOV ( MPEG – 4 AVC / H.264 )
対応SDカードタイプ 最大容量:64 GBClass 10 または UHS-1 レーティング必須
動作環境温度 0℃~40℃



送信機の性能比較

MavicProは消費電力が小さいのに最大転送距離が長いのがすごい。

  PHANTOM4 Mavic Pro
作業周波数 2.400 GHz 〜 2.483 GHz
最大転送距離 3500m (屋外、障害物なし) 4000m (屋外、障害物なし)
動作環境温度 0℃~40℃
バッテリー 6000 mAh LiPo 2S 2970mAh 1S
出力(EIRP) FCC:23dBm CE:17dBm 不明
動作電圧 7.4V @ 1.2A 3.7 V 0.95A



充電器の性能比較

表の通り

  PHANTOM4 Mavic Pro
電圧 17.4V 13.05V
定格出力 100W 50W



インテリジェントフライトバッテリーの性能比較

単体で評価はできませんがPHANTOM4の方がバッテリーは大きいですね。

  PHANTOM4 Mavic Pro
容量 5350 mAh 3830 mAh
電圧 15.2V 11.4V
タイプ 4セル LiPo 3セル LiPo
出力 81.3Wh 43.6 Wh
重量 462g 約240 g
動作環境温度 -10℃~40℃ 5~40℃
最大充電電力 100W 50W



ビジョンポジショニングシステムの性能比較

PHANTOM4の方が0mからビジョンポジショニングが発動するようです。

  PHANTOM4 Mavic Pro
対応速度 10m/s以下(地上2m以上) 10m/s以下(地上3m以上)
対応高度 0 – 10 m 0.3 – 10 m
動作範囲 0 – 10 m 0.3 – 11 m
作業環境 適正な明るさ(15ルクス以上)模様がある地表面



PHANTOM4よりさらに個人向けのドローンがMavic Proと言えます。


旅行に持って行って気軽に一人で自撮りなんてことが手軽にできそうです。

綺麗な動画を撮りたくて、INSPIREはちょっと高いという方は PHANTOM4ですね。

ご購入は公式ページから

http://dji.com/

api large_189x111-1