あれっ?ドローンがARM(アーム)しない。故障?

ドローンがARM(アーム)しないっ!
ってことよくあります。

自分のためのメモですが、皆さんのためにもなればいいなと。
CLEANFLIGHT系(今回はBETAFLIGHT)
発生確率高い順に記録します。
1、ちょっと待つ
2、水平な場所に置く
3、Modes

1、ちょっと待つ
ドローンの電源入れてすぐはARMしません。
少なくとも5秒以上は待ってください。

2、水平な場所に置く
ドローンは一定角所以上傾いているとARMしません。
水平な場所においてください。

3、Modes
プロペラを外しModesから電源を入れた状態でARMしてみます。
ARMのスライダーが動かない
⇒動かい場合、受信機からの信号が来ていない。
・受信機とプロポのリンク
・線の断線
・Receiverのモードの確認

スライダーは動くのにARMの色が変わらない
⇒設定の見直し

・今まで述べた項目の確認
・スロットルのエンドポイント
スロットルのエンドポイントのロー側が下がり切っていない場合、フライトコントローラがスロットルが上がった状態と判断します。
スロットルが下がっていないとARMしません。
T10Jなどの場合初期設定ではこのようなことが起こります。
エンドポイントの設定から下の画像のようにしてください。120となっていますが122のほうが確実です!
これはフライトコントローラの設定から解決もできますが、プロポから設定したほうが手っ取り早く終わります。
・Frequencyが高すぎる
下の画像のようにGyroを8kHzにするなど高く設定するとARMしない場合があります。
4kHz以下にしてみます。

ARMの色が変わるのにARMしない
⇒フライトコントローラ(FC)の先(FC⇒ESC⇒モーター)がおかしい
・ESCのプロトコル設定D-SHOT、MULTISHOTになっている場合。ESCが対応していない場合があります。対応プロトコルを確認するか、ONESHOT125 にしてみます。
・ESCのキャリブレーションをしてみます。
やり方は
プロペラ、バッテリーを外す⇒下の画像右下のチェックを入れる
⇒マスターをマックスに上げる⇒バッテリーを付ける⇒2秒ほどしたらMasterをミニマムに下げる⇒完了