MacでBLHeliSuiteを起動する。WineBottlerを使用

ESCの設定を変更したりファームウェアをアップデートするBLHeliSuiteは残念ながらWindows専用ソフトです。
Macでは使用できません。
そこでWineBottlerと言われるソフトを使用します。
WineBottlerとはMac上でWindowsのソフトを起動するソフトウェアです。

しかし、どうやらそのままでは起動しない様子。
また一癖あります。
その手順を説明いたします。

1、WineBottlerのダウンロード(ダウンロードリンク
winebottlerdownload BLHeliSuiteのダウンロード(ダウンロードリンク
blhelisuitedownload WineBottlerのインストール
ターミナルを起動&設定
ターミナルで起動

1、WineBottlerのダウンロード(ダウンロードリンク)

リンクからダウンロードします。DevelopmentとStableがありますがStableが無難です。

BLHeliSuiteのダウンロード(ダウンロードリンク

WineBottlerのインストール

WineBottlerをダウンロードしたらダウンロードしたファイルを開きインストールします。
winebottlerinstall

ターミナルを起動&設定

ここからが本番。
スポットライトで【たーみなる】と検索しターミナルを起動します。
/Applications/Wine.app/Contents/Resources/bin/winecfg
と打ち込み、起動した画面で【OK】
wineconfiguration cd .Wine/dosdevices
と打ち込む
CleanFlightなどで接続した際のUSB接続名を打ち込みます。下の画面のようになっていたら
ls /dev/* > /tmp/usbtmp1
ls /dev/* > /tmp/usbtmp2
diff /tmp/usbtmp1 /tmp/usbtmp2
CleanFlightなどで接続した際のUSB接続名が2つ出てきます。それぞれ
ln -s /dev/以降にコピーします。その後にcom1と1com2を追加します。以下のようになると思います。
ln -s /dev/cu.SLAB_USBtoUART com1
ln -s /dev/tty.SLAB_USBtoUART com2

ターミナルで起動

やっと準備が完了しました。
ターミナルから起動します。
/Applications/Wine.app/Contents/Resources/bin/wine (BLHeliSuite.exeのあるアドレス)
otonaradiconは私の場合です。ユーザー名が入ります。以下のようになると思います。

/Applications/Wine.app/Contents/Resources/bin/wine /Users/otonaradicon/Downloads/BLHeliSuite/BlHeliSuite.exe

blheliformac
はい!起動しましたか?なるべくそのままコピペで打てるようにしましたが、一部はマックによって違うかもしれません。できない場合はもう一度よく読んでください。