改正航空法200g未満のドローン(以下じゃないよ)の定義まとめ

2015年12月10日に改正航空法が施行されましたが、200g未満のドローンは改正航空法の規制に関係ない。

ということです。

じゃぁ空撮用のカメラは?ジンバルは?

ということで調べたところによる。200g未満の定義をまとめてみました。

まとめというか一言です。

飛行に最低限必要な部品だけで200g未満であること

ということです。

カメラやジンバルは含まれません。

バッテリーやプロペラは含みます。

具体的には

取り外し可能なものは含まれないというルールもあります。

もし、カメラやジンバルが組み込まれていたり、簡単に取り外しできない状態で200g以上あると規制対象になります。

200g未満の自作ドローンキットはこちらでお買い求めいただけます。